伏見稲荷のお店

街に溶け込む、愛されせんべい屋 寺子屋本舗 伏見店


親しみやすいまちの雰囲気と自慢の餅焼きせんべいを味わって

寺子屋本舗は昭和60年に京都・大原の地で創業した、もち焼きせんべいの専門店です。一般に流通しているせんべいの多くは、コスト削減や見栄えを重視し、米粉やうるち米を主原料としていますが、当店は良質の国産餅米100%のせんべいにこだわってきました。お年寄りやお子様も食べやすい、サクサクとした食感のヒミツはそこにあります。また、杉の木桶で長期熟成させた老舗の醤油が醸し出す香ばしい風味も自慢です。

伏見から全国に広まった庶民の味

おかげさまで多くの方にご愛顧いただき、今では全国の観光地を中心に27店舗を構えるまでになりました。伏見店もその一つなのですが、古くから庶民に愛されてきた伏見稲荷大社のお膝元とあって、下町のおせんべい屋さんといった風情があります。1枚から買える焼きたてのおせんべいを片手に、界隈を散策してみてはいかがでしょうか? 近くにはお箸やちりめん和雑貨などを扱う系列店もあるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

  • 伏見店オリジナルのパッケージに入った手造りおかきの詰め合わせは540円。かわいいパッケージで、おみやげとして喜ばれています。

  • 系列店のひとつ「伏見夢蔵人」は、のれんや蛇の目傘といった日本の伝統的な工芸品を扱うお店。なかでも日本人形(1,080円〜)は抜群の人気です。

  • 系列店の「布遊舎」は、がま口を中心とした、手作りのちりめん和雑貨の専門店。かわいいきつね柄のがま口(700円〜)は伏見店の限定商品です。

  • 系列店の「遊膳」は手づくり箸の専門店。きつねや鳥居の絵柄を施したオリジナルのご当地箸(1,080円)が好評です。ご希望に応じて名入れサービスも行っています。

店主おすすめ観光スポット

伏見稲荷大社の千本鳥居

伏見エリアおよび、京都をも代表するシンボル的存在の伏見稲荷大社の「千本鳥居」。境内の後方にある稲荷山の奥宮から、奥社に続く参道を覆うように立ち並んでいます。鳥居を奉納することにより、願いが「通る」という語呂合わせから生まれた信仰だと伝わり、願いが「通る」たびに鳥居を大きなものに変えて奉納するという風習もあります。写真や映像でもよく目にする光景ですが、実物は想像以上に神秘的で別世界に来たような心地になります。

店舗情報

店名 寺子屋本舗 伏見店
住所 京都市伏見区深草稲荷御前町6
営業時間 9:30〜17:30(季節によって変動あり)
定休日 無休
電話 075-645-7227
FAX 075-645-7227
Webサイト http://www.terakoyahonpo.jp/
伏見稲荷ヴィレッジ事務局
京都市伏見区深草稲荷御前町70

© 2015 Kyoto Fushimi Inari Village