おすすめ観光ルート

歴史探訪ルート
  • 所要時間:約40

様々な歴史の跡を色濃く残す伏見稲荷。何気に歩いているとなかなか気付かないものもたくさんあります。伏見稲荷近辺の昔をイメージしながら、歴史の流れを感じることができる観光ルートです。

京都市電稲荷線 線路跡

疎水の上にある公園は1970年に廃線となった京都市電稲荷線の電停の跡地です。コンクリートの段差となっている部分の下を見ると、昔の線路を見ることができます。見つけにくいですが是非探してみてください。

徒歩5分

重要文化財の家

大谷茶園の向かいに建つ邸宅は、近年文化財に保存されたという建物。とはいえ個人の邸宅のため、中に入ることは禁止。特徴的な屋根瓦と、配色の美しいタイルを見てみてください。

徒歩5分

国鉄最古のランプ小屋

稲荷駅は旧東海道線が京都から稲荷駅を経て大津駅(現在の膳所駅)まで開通したときに誕生した。その後、新線開通に伴い、現在の奈良線の一駅となりました。このランプ小屋は開業当時、駅舎等の石油ランプ灯具の整備・保管や油類の保管に使用されたと言われており、国鉄最古の建物です。

徒歩15分

東丸神社と荷田春満墓地

伏見稲荷大社内の神社のひとつの「東丸(あずままろ)神社」。受験の神様として信仰を集めています。ご祭神は伏見稲荷神官の子として生まれた江戸時代の国学者、荷田春満(かだのあずままろ)。地元の受験生はみんな「東丸神社」に合格祈願に行く風習も。さらに強力なパワースポットとして知られているのが、彼の墓地。この墓を参拝して、希望の学校に入ることができた人も多いのだとか。分かりにくい場所にありますが、ぜひ参拝してみては。

伏見稲荷ヴィレッジ事務局
京都市伏見区深草稲荷御前町70

© 2015 Kyoto Fushimi Inari Village