伏見稲荷のお店

マイスターが届けるおいしい米穀 長谷川米穀店

「神様が食べてはるお米」を納める米穀店

昭和10年創業で、現代3代目。私自身、五つ星のお米マイスターで生育診断士です。契約栽培の米農家さんから玄米を仕入れ、自社精米工場で毎朝精米していますので、鮮度が違います。米のほか、産地の特産品の季節の野菜や果物も置いています。愛媛や和歌山のミカン、福井県大野のサトイモなど、その地域にしかない、地元の人が「旨い」と言っているものだけを、少し分けていただいています。

おいしいお米においしい食材を

また、毎週金曜日には上賀茂野菜の朝市を開催。その日の朝に畑で収穫したものを販売しているので、鮮度は抜群。味がいいと評判です。卵かけご飯を食べたい方に、「おいしい米にはおいしい卵を」ということで、卵は丹波の養鶏場から毎日入荷。地域密着型なので、注文を聞いたらすぐに配達できるように対応しています。お稲荷さんは五穀豊穣の神様なので、米や小豆を奉納されるお客さまもいらっしゃいます。お供え用のお米の注文があれば、お稲荷さんまでお届けします。

  • 地産のお米を中心に、「秋田小町」や「夢ごこち」、甘みが特徴的な「ミルキークイーン」などをそろえています。

  • コレステロール値を下げ、肝臓を守り、動脈硬化を予防する効果があるといわれる大豆類も、京都産が中心です。便秘や生活習慣病の予防にも。

  • そのままごはんにかけるだけで十分おいしい、地玉子は10個で310円。毎日入荷していますので、いつでも新鮮そのものです。

  • 三代に渡ってのれんを守っています。五つ星のお米マイスターとして、日々おいしいお米をお届けしています。

店主おすすめ観光スポット

腹帯地蔵

摂取院にあるお地蔵さん。このお地蔵さんは、どこかの谷で「背負って帰ってくれ」と言ったので背負い、「ここで座らせてくれ」と言ったので、ここに置いたと伝わります。土だと思われていましたが、きれいに洗うと木像でした。全体に彩色されていたため、江戸時代の作かと伝わっていましたが、解体・修復作業を行って調査した結果、平安時代末の作と判明しています。

店舗情報

店名 長谷川米穀店
住所 京都市伏見区深草薮之内町47
営業時間 8:00~18:00
定休日 日曜・祝日
電話 075-641-1121
FAX 075-641-2321
伏見稲荷ヴィレッジ事務局
京都市伏見区深草稲荷御前町70

© 2015 Kyoto Fushimi Inari Village